お薦め

野菜不足が多い現代人に,朝の青汁で食生活の改善


グルメ漫画の金字塔「美味しんぼ」のメインキャラクターの一人 海原雄山はこんなことを言っています。
「肉であれば焼いて塩をかければそれだけでうまい。
 しかし野菜はそうはいかない。
 デパートに売られる大量のドレッシングがその証拠。
 人間は元々、野菜が嫌いな動物なのだ。」

これが真実であるかは別として、野菜を必要量食べるのは確かに大変です。
また、特に近年の野菜は、農薬や化学肥料などの影響や、病気に強く量産しやすいことだけを優先した品種改良などで味が落ちているという指摘もあります。
忙しい現代人が、肉や魚に比べると手を加えなければ食べられない野菜が不足しがちになるのも無理はないように思えます。

しかし、野菜不足が招く不健康は誰もが知るところ。
慢性的に続けば命の危険もあります。
放置しておける問題ではありません。

そこで青汁です。
野菜を毎日必要量食べるのが大変だというのは皆さんもご存じの通り。
事実、現代人のほとんどが必要量の約半分しか摂取できていないのが現状です。
その点、青汁であれば1回につきコップ一杯で済みますから、時間がなくてもあまり食欲がないときでも野菜の栄養素を補給できます。

また、野菜の栄養が取りにくいのは量や料理の手間だけではありません。
野菜の有効栄養素のほとんどは熱に弱かったり、保存しているうちに減少していきます。
加熱調理すれば栄養素がなくなり、生野菜では食べにくい上に消化も悪い。
その点、今の青汁は栄養素が壊れない加工法でつくられているものが多いのでその恵みを丸ごと享受することができるばかりか、
一般の野菜ではなかなかとれない栄養素もとることができます。
青汁に含まれている主な栄養素はこちらにかいてあります。

さらに賞味期限が長いのも、一般の野菜にないメリットですね。
ただ・・・ここまで書いておいてこんなことを言うのもおかしな話ですが、青汁さえ飲めば野菜は必要ないということではありません。
すべてをまかなうのは無理だとしても、少しずつでも野菜を食卓に入れるようにしていきましょう。
野菜嫌いなお子様におすすめの青汁や、高齢の方におすすめの商品がhttp://www.rattle.jp/で紹介されています。
幅広い世代の人たちに愛用されている青汁。
あなたも青汁でいつまでも元気に過ごしませんか?