お薦め

将来の健康を考えて丈夫な体を思えば青汁の苦みは高くはない


一昔前のケールを絞っただけの青汁に比べると、昨今の青汁は飲みやすいです。
抹茶などの風味をつけて独特の青臭さをなくしていたり、甘味をつけて苦さを緩和したりしています。
しかしそれでも苦い場合も。

青汁の苦さは主原料であるケールhttp://www.talsheynmakeup.com/fya.htmlの苦さ。
特にまだ若い時期に収穫されたケールは、その苦みと青臭さが強い傾向があります。

人によってはこの時期のケールをつかった青汁を飲むと、顔をしかめてしまうことすらあります。
また、年間を通して同じメーカーの青汁を飲用していると、季節に応じた味の変化がわかります。
健康に良いとわかってはいても、苦手なモノは苦手。
そんな声が聞こえてきそうです。

しかし、健康とは日々の積み重ね。
若い頃は何ともなくても、その頃の不摂生は後になってそのツケを払うことになります。
ケガであれば適切な治療をほどこせば治りますが、歳を取ってからでは丈夫な体をつくれなかったことをいくら嘆いても手遅れであることがほとんどです。

今、一日数回あの苦い青汁を飲むのと、数十年後、四六時中体の不調を抱えながら過ごすのと、あなたはどちらが良いですか?
ほとんどの人は、どう考えても前者の方が得だと思うのではないでしょうか。

それはわかっていても、どうしてもあの苦みにはなじめないという人もいると思います。
そういう人は大麦若葉を減量したタイプの青汁を飲んでみると良いかもしれません。
ケールや、最近人気の明日葉を使った青汁に比べると栄養素の含有量は若干落ちますが、その分さらりとしていてクセのない味で飲みやすいというメリットがあります。
他にも、長命草が配合されたものhttp://www.catalunya-lliure.com/は、栄養価が高く飲みやすいです。
またケールや明日葉の青汁を飲む際も、最初は砂糖やハチミツを入れたり、薄くして飲み、少しずつ慣れていくというのも良いでしょう。
クロレラの青汁には便秘解消の効果もあるようです。
ちなみにケールの栄養素を最も多く含むのは苦い青汁ですが、
今では栄養素を壊さずに加工する技術が発達してきていますから、「良薬口に苦し」は必ずしも当てはまらないようになっています。
このサイト子供向けの青汁の意外と知らない青汁の成分についての解説も、是非ご覧ください。
ただ、こちらhttp://www.crossfadeonline.com/にも書いてあるとおり、乳幼児に与える際は注意が必要です。