お薦め

青汁はもちろん低カロリー

最近、ダイエットにも注目されている通り、青汁はローカロリーということが知られています。

ところで、青汁はローカロリーというけれど、そもそもローカロリーとは何でしょう?
食品表示の決まりでは、
・ノンカロリー・・・食品100gあたりの熱量が5kcal以下
・ローカロリー・・・食品100gあたりの熱量が40kcal以下
というようになっています。
ノンカロリーでもカロリーがまったくないということではないんですね。

ちなみに40kcalといえばだいたいチロルチョコ1つ分くらいです。
市販されている青汁は、メーカーにもよりますがいずれもノンカロリーかローカロリーです。

なぜこの2つが混在するのか。
それは、ハチミツ青汁などのように飲みやすさや栄養バランスのために入れる缶魅力などの添加物が主な原因です。
また、たとえノンカロリーの青汁を使ったとしてもその飲み方次第で摂取されるカロリーは変わってくることも忘れてはいけません。
飲みやすい、美味しいからといってミズの代わりに牛乳を使えば、それだけで150kcal前後のカロリー増加になります。
これはボーリングを1時間やったのと熱量です。

このように書くとダイエットを目指すなら青汁は水で飲むのがベストということになります。
ただ、それで毎回まずい思いをしなければならないというのであれば、無理に水で飲む必要はありません。
それが原因でストレスを感じ、飲むのをやめてしまっては元も子もありません。
だったら食生活全体を見直したり、1日の中でどうやってカロリー消費量を増やすかを考える方がずっと建設的です。
・たとえば通勤の往復を1駅分歩くだけ歩く。
・つい飲んでしまうジュースをお茶などに置き換える。
といった小さなことで十分カバーできます。

そもそも人間は成人であれば男性で2000kcal、女性であれば1700kcal前後を普通に消費します。
必要以上に神経質にならず、とるべきものはとり、とらないほうがよいものだけをとらないようにすればそれで十分なのです。
こちらでは青汁を使ったダイエットメニューが紹介されています。