お薦め

栄養補給をしながら青汁でカロリーコントロール

カロリーが少なく栄養価が高いことで知られる青汁。
とはいっても、実際何がどれくらい入っているかは知らないという人の方が多いのではないでしょうか。

そもそも青汁が何でできているかすら知らない人の方が多いかも知れません。
青汁とは緑葉野菜を使った飲料のこと。
具体的にはケール、大麦、明日葉といったものが主原料になっています。
原料ごとの特徴はhttp://www.summerlanguages.com/に載っています。

一般的な緑黄色野菜に比べると同じ量でも高い栄養価を持っていることが大きな特徴です。

青汁が含む栄養素にこういったものがあります。
・エネルギー
・たんぱく質
・脂質
・食物繊維
・ナトリウム
・βカロテン(ビタミンA)
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・葉酸
・ビタミンC
・ビタミンK
・カルシウム
・マグネシウム
こうしてみると、いかに多くの栄養素が含まれているかがわかりますね。

ビタミン・ミネラル・食物繊維をバランス良く摂取するにはそれなりの量の野菜を、それなりの種類、継続して食べていかなければいけないので大変です。
それが一杯で手軽にとれるというのが、青汁の人気の秘密なんですね。
女性にとっても美容や健康に良いhttp://www.icpp2008.org/ということで、継続して飲んでいる方もたくさんいます。
これだけ高い栄養価を持ちながら、販売されている青汁はどれも40kcal以下。

カロリーコントロールも同時に行うことができるというわけです。
ちなみに、各メーカーはお茶やその他の野菜、はちみつなどを混ぜて飲みやすさ・栄養価を高めています。
飲みやすく栄養価が高いと、青汁は子供にとってもいいですね。
それぞれの青汁で多少カロリーや栄養の含有量に違いがあるのはこういうわけです。

もちろん、青汁だけを飲んでいれば野菜はとらなくても大丈夫ということはありません。
サプリメントなどでも同じような誤解を持っている人は少なくありませんが、理想は1日30品目、3食をきちんととることです。

ただ、現代人の食生活はどうしても高カロリー・ビタミン不足になりやすく、理想的な食生活を維持するにはかなりの努力が必要です。
そんな時の健康維持の一手段として、青汁が有効な選択肢の一つであることは間違いなさそうです。
このサイトaopon.jpの青汁の栄養素についての解説や、
このサイトhttp://www.mexicosiemprefiel.com/の青汁と生野菜の違いについての解説も、参考になります。